はじめての方はこちらから

可視光通信研究倶楽部(カシケン)

「可視光通信研究倶楽部」は、加賀電子株式会社が運営する「可視光通信」に関するメディアサイトです。新しい通信手段である「可視光通信」の可能性について2014年のサイト開設当初から業界のパイオニアとして調査、研究、情報発信を行っています。

業界キーマンへの独自インタビュー

可視光通信関連の展示会やイベントレポート

最新の関連商品のご紹介

メディア取材履歴

日経産業流通新聞、電子デバイス産業新聞、BAY FM 他

講演履歴

LED照明推進協議会、一般社団法人可視光通信協会主催カンファレンス、e-messe kanazawa、徳島ビジネスチャレンジメッセ 他

可視光通信の基礎知識

可視光通信とは

LED光源の明滅にデジタル信号を乗せて送信し、受信した光を電気信号に変える通信技術

電波との違い
光の特性である直進性、指向性と障害物に遮断されると通信が途絶えてしまうこと

2つのLED通信 ~赤外線通信との違い~

人の目に見えるということは、その情報がどこから発信されているか、発信源や通信範囲が分かるということ。受信側は、発信元の光を受けることで情報を入手できる。

可視光通信の受信方法

受信方法としては、画像などを受信する高速なフォトダイオードとIDなどをカメラで受信する低速なイメージセンサがあります。

大容量のデータを高速に通信したい用途にはフォトダイオード。
低用量でも複数の受信を行いたい用途にはイメージセンサーが適しているといえます。

電波が抱える課題

無線通信は現在 電波が主流です。
しかし、 電波が抱える課題は意外と多いのです。

  • 電波干渉の課題

    ・機器から出るノイズによる精密機器への影響
    ・電波によって機器の誤作動を起こしてしまう

  • 電波干渉の課題

  • 水中では電波が通らない

  • 通信の指向性が取りづらい為、情報漏洩リスクあり

  • 狭小空間では電波が通りにくい

  • 電波法などの免許が必要

PAGE TOP ↑