SC BUSINESS FAIR 2017に可視光通信登場!

公開日: 

SC BUSINESS FAIR 2017

ディベロッパー(SCの開発、管理・運営者)、テナント(専門店)、サポート企業(施工、装飾、リーシング他)など、SC関連企業が一堂に集いビジネスの可能性を探る、「SC BUSINESS FAIR2017」が、2017.1.25(水)−1.27(金)の3日間、パシフィコ横浜で開催されました。

カシケンでは、この展示会に可視光通信を活用した売り場提案を行うブースがあるという情報をキャッチ! その注目のブースを訪れてお話を伺いました。

移動式ワゴンに可視光通信&Link Ray搭載

SC ビジネスフェア2017の会場に入ってすぐに目に飛び込んできたのが、オレンジ色の可愛い自転車とディスプレイワゴンです。「movable wagom(ムーバブルワゴン)」とネーミングされたこの移動式ワゴンには、Wi-Fi、光IDのLinkRay、可視光通信が搭載されており、EC連動型のPOP UP SHOP提案が、多くの来場者の注目を集めていました。この提案をしているTAPブースは、店舗の設計・施工大手の大昌工芸株式会社とマネキンや店舗什器等を得意とする株式会社パールマネキンのコラボレーションによるもので、「売り」につながる新たなソリューションが提案されていました。

movable wagom●移動式ワゴン「movable wagom」:ヨーロピアンスタイルのオレンジ色の自転車はおしゃれで、アイキャッチもGOOD

LinkRayDEMO1●デジタルサイネージに、LinkRay(アプリ)でスマホをかざすと・・・

 

LinkRayDEMO2●個別商品(この場合は口紅)の詳細な情報画面がスマホ上に表示されます。気に入ればここからECサイトを通じて商品を購入できる仕掛け

可視光通信を積んだ「自ら情報発信できるワゴン」

株式会社パールマネキンの片桐康浩様に、移動式ワゴン「movable wagom」の狙いと、可視光通信の利点についてお話を伺いました。

movable wagom」は、移動のしやすさとかわいらしさがアピールポイントです。POP UP SHOPやワゴン販売など、さまざまなスペースでの店舗展開の一つの可能性を提案しています。同時に、販促のきっかけづくりとしてのインパクト、話題性も狙っています。 可視光通信や光IDのLinkRayを採用しているのは、「商品そのものが情報を発信する」ことに、大きな可能性を感じたからです。

お客様にとっては、それが可視光通信であるかどうかは重要ではありません。ただ、商品やデジタルサイネージにスマホのカメラをかざすことで、自分にとって価値のある情報を手に入れられる、という体験ができれば、販促に貢献できると考えたからです。movable wagomは、「自ら情報発信できるワゴン」なのですね。

 ここでデモンストレーションを体験した方々からは、逆に、こんな使い方ができるのでは? こんな風に使ってみたいが可能か? といった声や質問が多く寄せられます。「参加して何らかのメリットを得る」という切り口から、やってみたいイベントやキャンペーンが具体的にイメージできるようで、お話しているとこちらもワクワクしてきます。

movable wagomの仕掛けが、お客様の潜在的な要求を喚起するきっかけとして使っていただければと思って提案していますが、その反響に手ごたえを感じています。(片桐様 談)

TAP パールマネキン 

取材中も、お客様がひっきりなしにTAPブースを訪れていました。可視光通信のデモンストレーションにも興味津々の様子で、具体的な活用法についての質問が飛び交っており、可視光通信が採用されたこの仕掛けが活用されるシーンが目に浮かびました。

片桐様、お忙しい中、取材にご協力いただきありがとうございました。

 

デジタルサイネージを販促ツールに

ところで、今回のSCビジネスフェアでは、サイネージ関連の出展が一気に増えたことを実感しました。1年前と比べても、サイネージを装飾や宣伝ツールとしてとらえるのではなく、販促に有効に活用できる、という認知や興味喚起が進んでいるようです。

サイネージ展示1

サイネージ展示2

サイネージ展示3

サイネージといえばLDCやLED、LCDにはバックライトにLEDが使われていますし、LEDの照明やディスプレイに可視光通信は可能です。情報を発信する仕掛けをサイネージに仕込むことで、誰もが光る看板にスマホを向けて、何らかの情報をゲットする姿が当たり前になる日が近づいていると感じました。SCの様々なシーンで、可視光通信が当たり前に使われる日も、そう遠くなさそうです。

期待しましょう!

Pepper君

P.S. 取材中、この方に呼びとめられ、この瞳でじーっと見つめられ、語りかけられ、プロファイルを分析されました。フクザツな気分・・・

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

PAGE TOP ↑