可視光通信技術のパイオニア カシオ計算機『Picalico(ピカリコ)』に迫る! カシオ計算機株式会社 インタビュー【Vol.3】

公開日:  最終更新日:2016/05/05

カシオ計算機が提供する可視光通信サービスPicalico。産業分野での応用はもちろん、コンシューマへのサービス領域も広がりつつあります。最終回は、最近のIoTに対する動向や2020年の東京オリンピックに向けた取り組みについて、カシオ計算機の羽村技術センターOIT企画推進部、飯塚部長、菊地アシスタントマネージャーに引き続きお話を伺います。

IoTとの親和性

IoT(Internet of Things)はまさにPicalicoの領域。Picalico はIoTの完全な一手法だと思います。LEDインジケータを利用しましょうというのは、まさにIoTなんです。O2O(Online to Offline)、IoT、M2M(Machine to Machine)は、Picalico の3大用途と考えています。 イベントで多彩な使い方ができる「Picalicoサービス」はO2O向きですし、電波を使わずに通信し合う、例えば産業用ロボット同士の通信などは「Picalicoライセンス」の活用分野です。 IMG_3486

コンシューマに受け入れられるには

カメラの応用技術から始まって、スマホのカメラを使うところまでできましたから、コンシューマの領域はもっと切り込んでいきたいです。しかし、そこには新しくてインパクトのある「楽しさ」が必要で、生半可な組み合わせでは越えられない高いハードルがあります。 「可視光通信ならでは」を入れながら、「こっちの方が何十倍も楽しい!」という説得力がないと越えられません。エンタメ系を専門とする人たちとのアライアンスも視野に入れ、ここもまたお客様から教えていただきながら、おもしろいサービスを開発していけたらと思っています。 かねてからエンタメ業界の皆さんに期待したいことがあるのですが、PicalicoはARのタグになるので、これで利用者が主体的に何かおもしろいことができないかなと思っているんです。たとえば変身ゲーム、アトラクションのようなものでの活用です。自分のタイミングで変身できる、ここからビームを出すなどのCG操作(切り替え)を、利用者側でできるというプログラムを作ってもらえたら、可視光通信ならではのユニークなものができるんじゃないかと思っています。 IMG_3535

2020年東京オリンピックに向けて可視光通信は?

2020年まであと5年。カメラでの通信について、スマホ側のメーカーやソフトの人の認知が進み、OSがもう少し歩み寄ってくれるだけでいろいろな性能が安定していくと思います。目で見て気になったらカメラを向ける、カメラを向けると何か情報が得られる、という可視光通信の技術が、いつの間にか世の中の当たり前になっているのが理想です。 オリンピックに向けては、海外からのお客様のおもてなしに使えるコンテンツ(看板・案内・サインの多国言語化)を目指したいところです。今、看板は日本語・中国語・韓国語・英語で表記されていますが、本来はそれ以外の言語でも表示されるべきですよね。でもすべての言語で記載するのは不可能でしょう。ピカピカの付いている案内板、サインにカメラを向けたら、スマホ側で選択している言語に合わせて内容が表示される、といったサービスが提供できたら、とても便利だと思います。 カメラをかざすと情報がもらえる、というのは海外から来られるいろいろな言語のお客様にとってはメリットがあるサービスではないかと思います。情報インフラ的な使い方をすれば、普及は一気に進みます。オリンピックのように国家的な規模で進められるタイミングは、トップダウンで可視光通信をインフラに使う大きなチャンスでもあります。そこを意識した活動も進めていきたいですね。(飯塚氏・菊地氏 談)

●”Picalicoサービス“ご紹介

Picalicoの立ち上げから約1年が経過。その反響に手ごたえを感じている、と語るお二人の視線の先には、可視光通信が情報インフラとして当たり前に使われている将来像が写っていました。 この将来像を実現するためにも急がれるのは、いろいろなポジションのプレーヤー同士のアライアンスと実行スピードだと、カシケンは考えます。

・お客様の要望を持ってくる人・技術で要望を具現化する人・アプリを作る人・マネタイズの仕組みを作る人

可視光通信ビジネスのトップランナーであるカシオのお二人へのインタビューを通じ、カシケンがこうしたプレイヤーをつなぐ一翼を担えたらと、思いを強くいたしました。 飯塚様、菊地様、貴重なお話をありがとうございました。

 

IMG_3537

●カシオ計算機 Picalico(ピカリコ)インタビュー vol.1
●カシオ計算機 Picalico(ピカリコ)インタビュー vol.2

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

PAGE TOP ↑