可視光通信のメリット

可視光通信を利用するメリットには、安全面とコスト面の2つの側面があります。

可視光メリット1

可視光通信のメリット(1)人体への安全性が高い

「可視光通信」は、目に見える光を利用します。代表的な光として注目されているのは、LEDです。
LEDに代表される「可視光」は、人体への影響がなく、他の通信手段と比較してもっとも安心、安全な通信手段であると言い切ることができます。

私たちが利用している無線LANなどの電波は、人体への影響だけではなく、病院、飛行機内などでは、精密機器への影響も懸念されています。
電波が精密機器の誤動作を引き起こすと、大きな事故につながる危険性もあります。

「可視光通信」は、単なる光なので、精密機器への影響もゼロ。私たちの生活と安全に保つ通信手段なのです。

可視光メリット2

可視光通信のメリット(2)低予算、低コストで新サービスに利用できる

「可視光通信」を利用するためには、新しいインフラを整備する必要がありません。
私たちは、これまで使ってきた電球、蛍光灯などの照明器具を、「可視光通信が利用きるLED」に取り換えるだけで、可視光通信の利用者になることができます。

LEDを利用すると、企業や家庭での消費電力を大幅に削減することができます。

  • 白熱電球に比べて約20分の1に削減
  • 蛍光灯に比べて、約半分に削減

上記の通り、安全面とコスト面でのメリットがあることから、可視光通信は、新しい通信手段としてますます注目度が高まっています。

PAGE TOP ↑