X’masの飾り付けと可視光通信

公開日:  最終更新日:2016/04/29

街はX’mas一色になりました。近所を歩いているとX’mas用に電飾でデコレーションしている家が多くなったのに驚きです。電源はどこから取るのかとか?防水してあるのか?など、いらぬ心配をしてしまします。最近は、LEDを使った製品がやはり主力になつているようです。

街中のデコレーション

東京では、ひと昔前まで東京タワーと表参道のX’masデコレーションが有名でしたが、最近は結構いろいろなところにあります。プロジェクションマッピッングを使った東京スカイツリーのヒカリエ、今年初めて設置した目黒川沿いのLEDデコレーション、汐留では音楽によって赤、緑、青、白のLEDが演出されていてとても綺麗です。そんな状況ですから街は人、人、人。 10857951_751521844926766_2570168555017758450_n

ARを使ってスマホのカメラに取り込む

近頃面白いアプリが出ているようですね。スマホのカメラで写真を撮るとサンタクロースやトナカイや流行のキャラクターなどがバーチャルに写ってX’masの写真を演出する。これは、ARとアプリとスマホのカメラ、イメージセンサーの合わせ技によるものです。きっと今年のX’masを盛り上げるツールとなることでしょう。 1506493_311277062405887_1572340373034371202_n

いつかは可視光通信

そんなわけで、街中はたくさんのLEDでいたるところを演出しているのです。ここに可視光通信が使われたらさぞかし楽しいだろうなと、これは担当者のひとりごとです。通信といっても1対N,N対1なのでいろいろアイディアが浮かびますね。子供用のコンテンツから若い人向けのコンテンツお年寄り向けのコンテンツだって考えられます。そして、そのイメージセンサーはスマホだけじゃなく眼鏡や時計やいろいろなウエアラブルツールで楽しむ。近い将来きっとそんな時代が来ることでしょう。 IMG_2916

IoTは楽しくなきゃ!

やっぱり物のインターネット、何でも繋がることの先は楽しくなきゃいけないですよね。便利なも大切ですが楽しいところから広がると思うんです。楽しい事には人の意思が入ります。それでは、Merry Christmas!    

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

PAGE TOP ↑